トップページ >  閉店を考えられている方 >  閉店を考えられている方のよくある質問

閉店を考えられている方

閉店を考えられている方のよくある質問

システムについて教えてください。
2通り方法があります。
①当社が買い取る場合(但し、条件有 下記参照)
条件1 当社が物件の契約をして、第三者に転貸(又貸し)が出来ること⇒家主様に承諾
条件2 立地条件、賃貸条件、買取価格を考慮のうえ、検討します。
※総合的な判断となりますので、当社が買取が出来ない場合もございますのでご了承ください。但し、第三者に買い取ってもらうお手伝いは、させていただきます。②第三者に買い取ってもらう場合(後継テナントを探す)

の二通りです。

相談(査定)だけでもいいですか? その際に、料金は発生しますか?
すぐではないけれど、将来的に考えているので相談したいのですが可能ですか?
もちろん、相談(査定)のみでもOKです。当然、料金もかかりません。無料です。
但し、方向性が定まっていない場合(閉店するか迷っている場合)は、エリアにより、すぐには出向けない場合もございます。
お問い合わせください。
どのような流れになりますか?
まず、弊社担当者がお客様の店舗にご訪問させていただき、閉店に際してのアドバイスやどのくらいで売却できるのかを具体的にお話をさせていただきます。

a.貸主様に事前に承諾を取り付けなければ、売却は基本的には出来ないことが多いため、どのように貸主様にお話をするのか、アドバイスをさせていただきます。

b.貸主に承諾を取り付けてから、依頼を受けることがほとんどですが、場合によっては、オーナー様の意向で水面下で行うことも弊社のユーザに限り打診することは、可能です。

但し、打診をするということは・・・外部に情報を出すということなので、スタッフに打診をしているという情報を知られたり、貸主様にも情報が漏洩する場合は、あります。(あくまでも可能性の問題ですが・・・)

訪問をしてもらう時に用意するものはありますか?
はい、物件の契約書と図面(間取りのわかる図面)をご用意ください。
図面(間取りのわかる図面)は、有ればで結構です。
契約書が無い場合は、担当者からご質問をいくつかさせて頂きますので少々お時間を頂くことになりますのでご了承ください。(所要時間1時間)
成約した場合の料金体系を教えてください。
はい、完全成功報酬制です。何人内覧をしても、広告をいくら出しても、決まらなければ料金は発生しませんのでリスクは一切ありません。
詳しくは、お問い合わせください。
リースが残っているのですが、売却できますか?
はい、売却できます。但し、リース会社から買取をしていただき、所有権を移していただき、第三者に売却することを推奨しています。
よく、名義変更をしてリースを引き継いでもらいたい!とのご要望がありますが、当社は推奨していません。
名義変更する場合は、オーナー様(売主)が連帯保証人にならなくてはいけない場合が殆どで、知らない方の連帯保証人になりますと、万が一引き継いだ方が支払いをしない場合、求償されることになりますので、我々仲介業者としては、後々のトラブルを回避するという意味でも推奨できないからです。
他の業者にも募集を依頼していますが、良いですか?
自分で相手を見つけても良いですか?
もちろん、大丈夫です。ストライクゾーンを広げていろいろな業者に募集を依頼して早く決まって欲しい!!とのお気持ちは、十分理解しております。
但し、相手が見つかった場合は必ずご連絡をください。
依頼をかけた後に、キャンセル(依頼の取り下げ)は、出来ますか?
はい、出来ます。
但し、取り下げる場合は必ずご連絡をください。
買いたい人が現れたら、必ず売らないといけないですか?
オーナー様の希望条件(売買)に満たしたときには、基本的に売却をお願いします。
但し、買いたい方の人物的な不安、貸主様からの賃貸拒否などがあった場合は、この限りではありません。
相場的に、どのくらいで売れることが多いのですか?又は、どのように金額が決まるのですか?
基本的には、現地にご訪問させて頂き査定させていただきます。

一般的には・・・
①設備の経過年数・造作の程度、駐車場の有無、賃貸条件、立地条件で決定されることが多いです。
本来は、内部の造作や設備の経過年数で金額の査定を行うべきですが、新しいからという理由のみで高価で売れるとは限りません。

例えば、現在の業種が違う場合(新しくても使えない【喫茶店から中華料理店などの異業態】)や、立地条件、保証金が高い、賃料が高いなどの場合は、安く売らなければ売れないという事態も想定されます。

それから、観点として、時期を優先するか?金額を優先するか?でも異なってきますのでご注意ください。
時期を優先する場合は、土地等の売却と同様でいわゆる売り急ぎとなり、安価で売らなければならないことも想定されます。

逆に、金額を優先して条件が合う方を見つけると言う事もいいのですが、あの時に売れば良かった!!っというリスクもあるので、この点を理解の上、ご判断ください。

高く売れる事例としては、
①同業態(使えるものが多い)
②程度が良い。
③立地条件が良い。(例えば、名駅や金山の物件)
④複数から申し込みが入り、入札となる。
⑤賃料や保証金の割安感

※場所代と捉えて高く売れる場合もあります。